炭酸泉の炭酸濃度

日本の温泉法では、二酸化炭素が250ppm以上溶け込んだ温水を炭酸泉と定義しています。特に1000ppm以上の高濃度に溶け込んだものは「療養泉」といい、医学的にもその効果が期待できるとされています。

貴重な国内の天然炭酸泉

数ある日本の温泉の中で”天然炭酸泉”は、わずか0.5%しか存在していません。
炭酸泉を楽しむには、数少ない温泉地まで出向かなければなりませんでした。

炭酸泉は鮮度が命

炭酸泉を多くの方に楽しんでいただこうと、長いパイプで引いたり、トラックで運ぶと炭酸が抜けて濃度が下がり、効果的な本来の炭酸泉ではなくなってしまいます。
天然の炭酸泉を手軽に楽しむには高いハードルがあります。

炭酸濃度1000ppm以上は療養泉

炭酸泉は炭酸濃度が高いほど効果的といわれています。特に1000ppm以上の高濃度のものは療養泉と呼ばれ様々な効果が期待できるとされています。
高濃度の炭酸泉を楽しむために、人工的につくり出す機器が注目されています。機器を導入することで、その場で炭酸泉をつくり出すことができ、濃度の低下も最小限に抑えられます。
アイブリッジの炭酸泉装置は1000ppm以上を目指して設計されています。

高濃度